わき毛の処理

イチバン気になるムダ毛が「わき」

 ムダ毛でイチバン気になるところと言えば「わき」。
 30〜50代の女性に聞いた調査では、最も多い約7割の人が「わき」が気になると答えています。
 薄着や水着になる夏だけでなく、ジムや水泳教室に通う方も増えてきたため、女性にとって、1年を通じての悩みになってきています。

みんな、どうしているの?

 同じ調査で、ムダ毛の処理方法を訊いたところ(複数回答あり)、
  1位: 79% シェーバー(カミソリ、電気式あわせて)
  2位: 18% 脱毛器(電気式毛抜きも含む)
  3位: 10% 脱毛/除毛/抑毛のクリーム、ワックス
  4位:  9% 脱毛サロン/エステ
  その他11%
となっていて、シェーバーで処理している方が圧倒的に多いことがわかります。

 

 シェーバーは高い費用もかからず、手軽にできるからですが、だからと言って、シェーバーだけで処理をしつづけて問題はないのでしょうか?

シェーバーだけの処理は、もう終わりにしましょう

 シェーバーでは、表面に出ているムダ毛を剃るだけなので、毎日のようにこまめに処理をしなければいけませんし、何より、肌に良くありません。毛を剃ると同時に、皮膚の表面も傷つけたり、毛根を傷めたりと、肌にダメージを与えることが多いからです。ムダ毛の処理ができても、肌が荒れたり、ブツブツ肌になってしまっては、意味がありません。

 

 シェーバーだけに頼った処理は、もう終わりにして、肌にやさしい方法で「わき」の処理を始めましょう。悩みのタイプ別におすすめの方法を紹介します。
自分にあっている方法を見つける参考にしてください。

 

「とにかく処理が面倒で困っている」
という方

⇒ 【 脱毛サロン/エステ 】
 以前は、痛い上に何より高価で、両わきで20万円以上もしましたが、今では、技術も進み痛みも少なく、肌も傷めず、費用も数万円程度でできます。
 月に1回のペースで数回通わなければならず、その点は面倒ですが、一度処理してしまえば、少なくとも数年はムダ毛処理はしなくて済むので面倒から解放されたい方にはおすすめです。

「肌に負担はかけたくない」
という方

⇒ 【 抑毛ローション 】
 手軽に自宅ででき、かつ、それほど高くもないので人気なのが抑毛ローション。とくに敏感肌の方にもおすすめな処理の方法です。
 毛根からムダ毛を抜く脱毛ではなく、また、ムダ毛を剃る訳でもないので、即効性はありませんが、ムダ毛を徐々に薄く目立たなくします。肌にやさしく、使うほどにツルスベ、しっとり肌になります。

「なるべくお金はかけたくない」
という方

⇒ 【 脱毛ワックス 】
 脱毛ワックスも自宅でできて、価格も高くなく、手軽なので、いま人気の脱毛方法です。
 ムダ毛と一緒に角質も取れるので、肌がスベスベで、きれいになります。 使用方法も難しくはありません。 いまイチバン注目の脱毛方法です。問題点は、痛みがあることですが、繰り返し使用することで、だんだん毛が細くなるので、最初ほどではなくなります。

「わき以外のムダ毛にも悩んでいる」
という方

⇒ 【 脱毛器 】
 脱毛器は全般的に高額ですが、わき以外も処理することを考えればおトク感があります。
 年々進化をしていて、以前に比べれば機能はアップしていますが、価格は、ちょっと無理をすれば手が届くぐらいリーズナブルになってきました。
 脱毛器1台あれば、全身のムダ毛が、自宅でも簡単に、エステ並みに脱毛できます。

「それでもシェーバーを使うしかない」
という方

⇒ 【 シェーバー 】
 できれば、シェーバーだけに頼ったムダ毛処理は避けたいところですが、「いろいろと事情があって、それでもシェーバーを使うしかない」という方に、肌をなるべく傷つけないようにするために、シェーバーを上手に使う3つのポイントを紹介しましょう。抑毛ローション、脱毛器など、自宅でムダ毛処理するときに事前処理としてシェーバーを使用する場合にも知っておきたいポイントです。